プロフィールを見る
かなで
ここだけのお話
04月17日 12:34
コメント(0)
 エロイネ [0]
『我家の伝説さゆりちゃん』

次男が高校生の頃のお話です。部屋に空気入れがおいてあるのです。気にもならずにいた私 大掃除をすることに。

次男の部屋は汚なすぎて、スルー
そしたら長男が掃除したるわあーと掃除しだして、しばらくすると

『おかんっ!これ見てみぃー』
(゚ロ゚ノ)ノ

ダッチワイフを発見( *´艸`)

『あー汚な!おかんネチネチやでぇー』

洗うか拭くかしたらええのに

触る気にもなりません。みんなが寝静また頃、膨らまして一人で楽しんでいたね。

まじにアホかっ!( *´艸`)

箱には『さゆりちゃん』って書いてあって ダッチワイフは さゆりちゃんと言う名前

何も言わないさゆりちゃんに次男はやりまくり、穴という穴は汚れまくり!

汚いっ!さゆりちゃんが可哀相

笑えるのが、私のパンツ吐かせてるやん。お気にいりがないと思ったら、さゆりちゃん返してっ!( *´艸`)

パンツも一晩除菌しました(笑)

翌日長男が言ってました。

『友達に借りたって言ってたわぁー』

さゆりちゃんを回して使っているの?
嘘やろ!余計に汚いΣ(・ω・ノ)ノ


初めてダイチワイフとやらを見た私

誰にも迷惑かけていないのでいいかぁっ!

息子の彼女『さゆりちゃん』

次男の顔見たら超笑えた私

さゆりちゃん次男をよろしくお願いしますね。

仲良くしてやって下さいね!

ちゅうかぁー洗えよ。

人のパンツはかすなよ。

自分のトランクスはかしたらええやん!

まったくもう(# ̄З ̄)

おしまいっ!

  次のページ >>
▲ページTOP